ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
今回はソビエト連邦制式のトカレフTT-33。
TT33/10

1/1はハドソン製モデルガン。刻印によると、モデルアップしたのは1939年製造のもの。
トカレフとは開発者の名。
TT-33は1930年に制定されたTT-30を改良したモデル。
TT-30,TT-33共、基本的特徴は同じで、ユニット化されたハンマーメカ(メカブロック)を持ち、安全装置と呼べるものはハンマーのハーフコックしかない。
TT-33の改良箇所はトリガー(引き金)パーツの一体化を進め、パーツ点数を減らしたという。
TT-33はトリガー上部が丸められているが、これは一体化したトリガーを組み込み、又は分解するときの”逃がし”ではないだろうか。
このモデルガンではインナーフレームが外せるが、実物のフレームは一体だからだ。
TT33/02

トカレフはとことん省力化を図り、そのために安全装置も省いたとか言われるが、スライドにフルート状の溝を指かけとして切ったり、ハンマーメカを一体化したり、グリップの固定方法など凝った機構を採用しており、決して”とことん”省力化したのではない。(戦争末期には溝を簡略化,木製グリップにして省力化するが)。
TT-33と、参考になったと思われるもののひとつ、コルト32オート。
これはMGC製モデルガン。
TT33/04

コルト社やFN(ファブリックナショナル)社の、ブローニング設計オート拳銃たちが装備していたグリップセフティだが、構造的にあまり手間のかかるものとは思えない。
なぜなら、撃発装置を組み込む為の穴を塞ぐフタでもあるからだ。
TT-33の場合、ここが開いていないので、フレーム上からメカを入れなければならない。
ユニット化されたメカは、組み立て,分解が困難だったから、という側面もあるのではないか。
それなら後ろを開けてセフティもつけていたブローニングの設計は、やはりかなりこなれていたと思う。
ボブチャウとTT-33、SIG P210。
ボブチャウはコルトナショナルマッチベースのカスタムガン。
これはWA製ガスブローバックガン。
グリップ後部上側がグリップセフティ。
このほかサムセフティ(銀色のパーツ)がフレーム後方上部についている。
SIG P210はマルシンのガスブローバックガン。
これもサムセフティが付くが、ボブチャウより前方にある。
TT33/05

実はTT-33の後、ハンマーメカユニットを採用したのがスイスSIGの名銃、P210だ。
P210のベースとなったフランスのMle1935Aが、このハンマーメカユニットを採用し、これをP210も踏襲している。
SIGはしかし、後期型でハンマーメカユニット固定用のビスを追加している。
トリガーの感触向上が目的だったというが、ユニット化のメリットを落としても固定を選んでいる。
大体、もともと故障する確率も低いと思われ、普通分解でここをばらす必要はないと思う。
両者のハンマーメカユニット。
TT33/09

カートリッジ3種。
45ACPを模したダミーカートとTT-33用カート、そしてマルシンモデルガン用の9mmカート。
TT-33のカートは、なぜか弾頭部だけでなく、ケース上部まで赤く塗られている。
Tt33/08

TT33の使用カートリッジは、7、62×25mm。モーゼルミリタリーC96用の弾(もともとは自動拳銃の始祖ボーチャードの弾、後に開発者ボーチャード氏がモーゼルに移籍したためか、C96でもこれを使っている)。
ロシア帝政時代に大量に買い込んでいたので、流用することにしたらしい。それならC96も使えばいいと思うが。
後に日本でこれの貫通力が話題になったが、ロシアでは弾頭にも鉄を入れていたらしく、これが貫通性を上げていたらしい。
モーゼルM712とTT-33。
M712はマルシン製モデルガン。M712はC96にセミフル切り替えとボックスマガジンをつけたもの(前記事参照)。
TT33/03

TT-33はグリップパネル取り付けも一般的なスクリュー(ネジ)ではなく、なんとマガジン挿入口からドライバーなどを入れてロックを外す形式。
ここで外したハンマーユニットのエジェクター部が使えるのだが、そのためのユニット化なのか?
グリップ固定法の元ネタはFNのM1900だ。但しM1900は表からドライバーで約90度回せば外れる。
そしてこのグリップパネルを外しても大して意味が無いのだ。
一体化された内部パーツは上から取れるので、ここを開いてバラす必要があるのはピン抜きという”特殊な工具”がいる引き金バネ(トリガースプリング)のみなのである。
TT-33はエキストラクターはピン止め(モデルガンはスクリュー)、マガジンキャッチとスライドの一部にマイナススクリューが(モデルガンではプラスだったりするが)ある。
もともとモーゼルC96のように工具無しでほとんどバラせる設計ではないのに、なぜ一部の”簡易な分解法”にこだわっているのだろうか。
TT33/11

更に複数のサイトによると実物のグリップパネルは鋼板プレスだというが、これは「(普通のスクリューではなく)鋼板プレスの金具で固定されるグリップ」を訳し間違ったのではないだろうか。
ワルサーP38のモーゼル・ベルケ戦後製造型は金属製グリップだが、造形もシンプルである。
中身はともかく、TT-33のグリップの表は、構造,造形,仕上げをみると樹脂製だと思われる(これもベークライトという記述もあるが、参考にしたFN M1900の後継機種M1910と同じエボナイトに見える)。
国内にも実物グリップが入ってきているようだが、入手した人のレポートでも、やはり合成樹脂製のようだ。

1/1と1/6。
1/6にはホルスターと2個の予備マガジン付き。
ホールドオープン(スライドストップがかかった状態)姿なので1/1もホールドオープン。
TT33/06

何だかんだ文句ばかり言っているが、手にしてみると結構気に入った。
グリップフレームは上広がりだが、グリップパネルは上を薄くしてあり、あまり違和感は無い。
スライドも薄くスリムである。
トカレフは天才ブローニングには及ばなかったが、少なくとも手抜きの粗製品を作りたかった訳ではなさそうである。
当時はまだまだ暗中模索の時代なのである。
ともかくデッドコピーではなく新体制国家の制式拳銃にはオリジナリティが必要だったというところでは。
共産圏のものは情報が不足していた時期があり、それがミステリアスなイメージを増幅、実態を超えた虚像を形成していた部分ああるのではないか。
そういえば謎に包まれた最新鋭の超音速機だと思っていたら、旧式の真空管が入っていたというのもあったような。
TT33/07

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
今回は長物、H&K MP5A5を取り上げる。
初回と同じH&Kの製品、世界的にも代表的な現代サブマシンガンである。
MP5/01

まず1/1は両方エアガン。
長い方がマルイ製電動ガンでMP5A5。
オプションのレーザーサイトとそれを取り付けられるハンドガードを銃身の下に付けている。
短いのはマルゼン製ガスブローバックでMP5K(Kはクルツ、短いの意)。
MP5/02

1/1と1/6のMP5A5。
MP5/03

サブマシンガン(拳銃用の弾を使ってフルオートで撃てる銃)では、それまで発射に際して重いボルトが前進し、発射前から激しく動いてしまう機構のものが主だったのだが、MP5はウエポンシステムとして統一して使用の便を図る意味もあり、同社のライフルG3と同機構のローラーを使った遅延式(ローラーロッキング)とし、高い命中精度を実現した。

1/6で各種バリエーション。
左端からMP5A4(固定ストック)。
2番目はMP5A5(スライドストック)。
3番目はMP5Kにスライドストック,スコープ,サイレンサーを装備した仕様。独特のスライドストックなので、日本の警察などで使われているものを再現したものでは。これは上記2種と製造元が違うようだ。
4番目がサイレンサ-とスライドストックのついたMP5SD6。
これはザッカピーエイピーというところが出した、1/6スケールガンコレクションVer2というシリーズの食玩。
5番目もそこのMP5SD5。
MP5/04

1/1ではレーザーサイトをつけたが、1/6にはフラッシュライトがついていた。
MP5/05

上記のように現在日本でも警察の特殊部隊SATでこれが使われている。
少し前の事になるが、愛知でSAT隊員が銃撃され亡くなるという痛ましい事件があった。
亡くなった林さんはまだ若く、優秀な方だったとのことである。
謹んで哀悼の意を捧げたい。
しかし、まだ犯人が立てこもっているうちから、「法を改正して厳罰を」などと言っていた閣僚を見かけ、暗澹たる思いになった。
どうしてまず、今まさに犯行を行っている殺人犯に対し、厳しい対応をという指示が出せないのか。
潜在意識かも知れないが、自らはたとえ殺人犯にでも手を汚したくない、しかし立法が考えているのだ、という姿勢を見せて安心させたい,又は自分が安心したいという両面から出た発言なのではないかと思う。
そして時間的にみて、持論として持っていたか、既に想定シナリオがあったのではないかとさえ疑ってしまう。
殺人罪は既に極刑が可能な罪だ。
この発言は銃に関して「厳罰を」求める意図であろう。
それなら既に球技のボールより弱いものまで所持禁止にしたところである。
日本は既に先進国でも類を見ない、銃規制が最も厳しいといっていい国家である。
そして今までこの規制強化路線で進んだ結果、今自らが「ゴマン(5万丁、悪い冗談だ)とある」と認める状態になっているではないか。
非常事態の正にその最中に、泥にはまってから、またまじないのような効果の疑わしい縄を結うという。
なぜ強硬な姿勢がとれないのか。
これは一閣僚だけの問題ではない。事実この発言を問題視して、発言の撤回や罷免を求めたりした者がいただろうか。
広く”共通の認識”、銃は絶対悪という意識があるからではないか。
一方で厳罰化して遠ざけようとしている心理が、反対に治安を守る側にも作用しているからではないだろうか。
銃,武力に対する嫌悪,恐怖が、根本的な問題解決を阻み、これが余計に犯罪をエスカレートさせてはいないだろうか。
その恐怖を逆手にとる(つまり銃を持つ)者も含めた、犯罪者になめられてしまっていないだろうか。
たとえ人質が撃たれ、同僚が撃たれて動けなくなっても、殺されても、実力行使は悪なのだろうか。
自分が危機に陥っても、手をこまねいて遠巻きに見ているだけで、誰も助けてくれない”人道的”な体制を、皆は望んでいるのだろうか。
このような下らないブログで何を言っているのかと思われる方もあろう。
しかし、それならどうすれば、をそれぞれ真面目に考えてもらえればそれでいい。
そして、もし気分を害された方がいるなら申し訳ない。

悲しい事件だっただけについ長々と書いてしまった。
次に何をやるかは未定だが、H&KはG3系や同じMP5でもKで一回まとめてやりたいと思っている。
MP5/07


web拍手 by FC2
今回はオーストリーのGlock(グロック)G17を取りあげる。
G17/01

グロックはG17がガンメーカーとしての第1作なのだが、これがこの業界空前の大ヒットといっていいほどの大成功を収め、マイナーチェンジはあるものの、G17はベストセラーとして今や世界のスタンダードとして君臨している。
なぜ最初なのに17か、というとこれはマガジン装弾数からきたものだと思われる。グロックが開発にあたり取得したパテントが17だという説もあるらしいが、そんなものわざわざネーニングに持ってこないと思う。余りにもベタなネーミングだから、ついでにこんなことも言っているのかも。
G17は大々的にポリマー素材を採用し、登場当時は空港の金属探知機にもひっかからない、といわれた(もちろんウソだが、しかしその後メーカーはしっかり全体が写るようにポリマーに何か入れたらしい)という。
そしてこれはブルース・ウイルス主演の映画「ダイ・ハード2」のセリフにもなってしまったのはあまりにも有名。
ダイ・ハード2 ダイ・ハード2
ブルース・ウィリス (2007/06/16)
20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパン

この商品の詳細を見る

ちなみに第1作「ダイ・ハード」ではH&KのP7も出ている。
非金属という点では、クリント・イーストウッドの「ザ・シークレット・サービス」で出てきたハンドメイドの総プラスチック製拳銃の方が面白い設定だった。
ザ・シークレット・サービス ザ・シークレット・サービス
クリント・イーストウッド (2007/06/27)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る

また、ハリソンフォード主演の「逃亡者」ではトミー・リー・ジョーンズ扮するFBI捜査官がグロックを絶賛する。
逃亡者 逃亡者
ハリソン・フォード (2007/04/06)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る

G17とH&K社のVP70。
右のG17はKSC製、左のVP70はタニオコバ製。
G17はVP70(過去の記事)を参考にした、とされている。
だが、ポリマー製フレームはオーストリーの制式ライフル AUGも採用している。
引き金(トリガー)機構は似ているが、G17は毎回長いストロークを引かなくても連射出来る、オリジナリティあるものを開発した。
G17は閉鎖機構やマガジンキャッチなどは一般的なものとし、スライドストップも装備、逆に普通は付ける手動安全器を思いきって省いた。
結果、独創的な存在だが鳴かず飛ばずで終わったVP70に対し、G17は大人気。
もっともグロックですら「新奇」な扱いから始まったようなので、一概に「早すぎた」VP70を責めることは出来ないと思う。
但し商業的成功には開発時のコンセプトをしっかり考えるのはやはり重要だと思わされる。
G17/11

各社のグロック。
右からMGCのG19。
中央はKSCのG19。
右端は東京マルイのG26。
グロックは初期が梨地(ぶつぶつ)のグリップ、2ndではグリップ前後にステップ状の滑り止めがついた。
3rdではこれにフィンガーチャンネル(指かけ)が加わり、フレーム前方にはオプション取り付け用のピカティニーレールが付く。
MGCは2nd。KSCは3rd。マルイは3rdのはしりといえるフィンガーチャンネル付き、G26としては初期のタイプをモデルアップしている。
G17/08

今度はセミ・フルオート切り替えタイプのグロック。
左からMGCのG18初期型。伸ばした銃身にスリット(切り欠き)を開け、ここから発射ガスを上に噴出させて銃の跳ね上がりを低減させるガスポートとしている。
中央はKSCのG18。銃身はG17と同寸だが、今度はスライドに大きな穴を開け、そこに銃身のスリットを移動させた。
最後はKSCのG26C。本来末尾にCが付くモデルはガスポート付きのモデル。本当は短いモデルににセミ・フル切り替えレバーを付けたものは無いようだが、KSCは独自モデルを作り上げた。
G17/03

KSCのモデルで長さとガスポートの比較。
左からG34、G18、G17、G19、G26C。
G34はスライド前部が大きく削り取られているが、これは軽量化の為。
携帯時の重量低減より、G17と同じスプリングで作動するスライドにするのが目的とか。
G18とG26Cはスライド後部も削られている。
G17/04

1/1と1/6のG17。
1/1はMGC製だが、これは後期に作られたもので、上記の軽量化などではなく、商標問題からロゴマークが削り取られている。
G17/05

1/6のバリエーションと付属品。
上にあるのはライト付きでスライド可動のモデル。左のホルスターはライトを付けたまま銃を収納できる。
中央に2つあるG17も製造元が違うと思われ、ひとつは金属の鋳造、もうひとつは樹脂製で、下のベルト一式が付いていたもの。
G17/10

今回Linkして頂いているmomocloの樽猫さんから、衣装を提供していただいている。
彼女のブログで写真を撮っているしろねこは、このブログでも撮影協力してもらっている。
今後とも、宜しく。
G17/12


web拍手 by FC2
今回はS&WのM39。
M39/01

M39は有名なワルサーP38のダブルアクショントリガーと手動セフティ、コルトのM1911のスライド周り、ついでにフレームとの噛み合わせはブローニングハイパワーあたりを参考に、更に当時は目新しいアルミフレームを採用、といわば良いとこどりで構成された意欲作。
後のM59はこれにハイパワーと同じ複列弾倉まで盛り込んだ。
メカ的にもバネはコイルスプリングに拘る(形状から板バネに比べ、焼きが均一に入り性能がよく、そして折れても完全に機能を失わない)など設計陣は大変良く努力しているのだが、このシリーズ、その割には受けなかった。
結局制式になったのは米国の一部警察くらいで、登場時期が早すぎたのか、それとも品質に問題があったのか、オートはM1911以外は欧州、という流れになってしまう。
M39は9×19mm弾を使用するが、その後バリエーションとして40S&W、45ACP仕様まで幅広く展開された(今も続いているようだが)。
まず1/1でありったけのM39系を。
M39/02


M39は左右調整可能なリアサイトを持つが、これに大きなガード板と上下調整も出来るものをつけたのがM439。
S&W社は末尾の9をラッキーナンバーと考えていたフシがある。M19,M29はベストセラー、M39やM59はオートの意欲作だ(M49は地味だが)。
もともとリボルバー(回転式)で10番台はKフレーム、20番台はNフレーム、30番台がJフレームとしていたのだが、何故かこれを無視してオートマチックにM39を割り振った。しかもM39は1955年とM19と同年の発表らしく、するとM29発表より前なのだ。どうして30番台に無理やり持ってきたのか。憶測だが、ワルサーP38より上、という意味があるような。

M39(左)とM439(右)。
M39はMGC、純正オプションの木製グリップ付き。
上の写真に少ししか写っていないが、M59にはプレーンな木製グリップ、M459にはガスガン用のチェッカリングされたものがついたものと、標準のプラグリップの両方を出している。
M439はマルシンのモデルガン。こちらはキット組み立てで、グリップも無塗装のプラ。
M439はHW樹脂なので、スライドをブルーイングした。
M39/03

リアサイトのアップ。手前がM439。両端に大きなガード板がついている。
次にM39。なぜか前に伸びたベースが、P38の影響を感じさせる。
一番後ろがM4505。これはタナカのガスブローバックガン。
M39/04

今度はMGCモデルガンラインナップ。
左からM459,M59,M39。
M39とM439はサイトと銃口部のブッシング形状が違うくらいだが、M59とM459では、サイト以外に両側から操作できるセフティ、指かけのついたトリガーガード、トリガーの上まで幅広になったフレームなど変更点が多い。
m39/05

M59の評判の良くない太いグリップがわかるようなカットを目指してみた。
左のM39に対し、複列弾倉のM59は太い。右のM4505は45口径にもかかわらず薄いのだが、今度は前後に長い。
いいかげんな数字が一人歩きすると問題なのであくまで参考だが、模型でグリップ上部の周長を計測したところ、オートでは133mm~137mmくらいが普通、太目のSTIで約140mmである。しかしM59のそれは約145mmある。これ以上はP7M13くらいしか(まだ上があるということではあるが)持っていない。
M59も好きなので決して握りにくいとは言わないが。
M39/06

1/1と1/6、といいたいところだが、今回の1/6はM39の特殊型、Mk22 model 0という海兵隊がベトナムで暗殺用に使ったもの。サイレンサーと予備弾倉もつき、ホルスターもある。
これはドラゴン製。
M39/08

Mk22は1968年ごろ試作が始まり、1971年にM59が出てからはこれをベースに製作されたという。
消音性を高めるため、亜音速の弾を使い、更にスライドをロックするレバーを追加した。これを使うと手動操作になるが、もしかすると通常はセミ・オートとして使えるのかもしれない。
ところで、大きなガードのついたサイト、後のM439,M459に採用されたものは、Mk22のものをベースに開発されたのか、Mk22のほうがサイレンサーのぶん高くなっているが、形状が似ている。
M459は米軍のXM9(結局ベレッタM92Fが採用された)トライアルにも出されているのだが、どうしてあの場にフルアジャスタブルサイト付きのM459が、と思っていたが、Mk22で既に密かに採用されていたという経緯があったのかも(トライアルモデルのM459は固定サイトだったら、ちゃんちゃん!とオチがつくのだが)。
Mk22は実物の写真も見たことがなく(不勉強なせいかもしれないが)、後のMk23が市販までされたのとは大きく扱いが異なる。
そういえば米空軍のハイスタンダードH-Dサイレンサー付きもパワーズ事件でソ連側に捕獲されるまで秘密だった。
米軍制式拳銃を1/6で。
左上から45口径のM1911A1、隣がMk23。左下は9mm口径M92F、その隣がMk22。
M39/09

何とスライドがバネ入りで動き、ハンマーも可動!
M39/07


web拍手 by FC2
今回はスプリングフィールドアーモリー(SF)がFBI特別仕様として作ったFBIビューローモデル。
FBI/11

1/1はM1911のタクティカルカスタム。
下の4丁共、同じマグナブローバック。
まず左端がスプリングフィールドのパーツを使ったMEUピストル。(アーリーモデル)
次がSIGのGSR。
そして今回の主役、Jアーモリー製のFBIビューロー。(少数市販されたモデルをモデルアップしている)
最後はウィルソンのFBIトライアル。
FBI/10

FBIつながり。
ウィルソンのトライアルモデルと採用されたSF製。
FBI/03

今度はSFつながり。ビューローモデルとMEU。
MEUはパックマイヤーのグリップとステンレスのヘックスリセスのボルトに替えている。
SFは昔政府向けの銃を作っていた造兵廠だったが、現在のSFは名前を買った民間の会社という。
FBI/04
 
原点のM1911と。ちなみにこれもマグナ。今回はモデルガンはお休み。
FBI/08

SF刻印。手前がFBIビューロー。
次がキャスピアンハイキャパフレームのMGCのガスブローバック。
後ろはMGCの固定ガスガン、ナストフカスタム。
FBIがトライアルに際して選考員として雇ったのはナストフという人。選手でありガンスミスであったナストフのカスタムをモデルアップしたものがこれ。
ナストフもベースガンはSF製だ。もともとこのトライアル、SFに分があったのか。
FBI/13

1/6と1/1。
グリップ色が違う。これはTRPなのか。ともかくマガジンまで今回は一致している。
FBIで使っているマガジンは他社(確かウィルソン)だが、市販モデルならこれで合っているのでは。
FBI/06

おにぎり形の穴開きデルタハンマー(起きた状態で固定)も再現されている。
今回の1/6は可動部なし。
しかしその分造形に注力できるので、再現性はいい。
FBI/12

定番のM1911A1もそのうちUPしたいのだが、1/1のA1を持ってない!
いや持っていたが貸したらそれっきりとかあって。
近いうちに何とか調達するので期待せずに待て。(よろしくね)



web拍手 by FC2

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2007 Gun1+1/6, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。