ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
今回は、ドイツの名門、ワルサーのP99を取り上げる。
後半いつもに増して脱線してしまっているが、どうかご容赦を。

今回もワルサー社の歩みをたどるが、過去のP38記事と重複する
ところは詳しい説明などを省いているので、そちらも参照していただきたい。
p99/01

[概要]
P99は、ドイツのカール・ワルサー社が同社初のポリマーオート(後述)
ピストルとして1996年に発表した大型拳銃だ。
基本的に9ミリパラベラム(9×19mm)弾を使い、複列式の多容量を持つ弾倉、
専用の規格だがフラッシュライトなどのオプションを取り付ける
アクセサリーレイルを持ち、
3モードのAS(アンチストレス),QA(クイックアクション;引き金を引くと
半分セットされていた撃発装置が完全にセットされ、更に引き続けると撃発する)
などのトリガー(引き金)アクションが選択でき、アンビ(左右兼用)の
弾倉キャッチレバーを装備するなど数々の先進機構を盛り込んだ意欲作である。

ワルサーP99。
これはマルゼンのガスBLK(ブローバック)ガン。
マルゼンは、ワルサーの公認を得て、設計データまで提供を受け、
ワルサーの各モデルをモデルアップしている。

p99/02


[ワルサー社の歩み]
カール・ワルサー社躍進の原動力、H・ワルサーは初期のNo1~9までの作品や
PPなど、中小型自動装填式拳銃の設計,製造に携わった。
ワルサー社はナチス党員の拳銃として採用され、ナチス党の勢いと共に
勢力を拡大、P38はドイツ制式拳銃の座をも手にすることに成功した。

P99(左)とPP(右)。
PPはマルシンのHW(ヘビーウエイト)モデルガン。

p99/03

P38(左)とP99も。
このP38はP99と同じくマルゼン製ガスBLKガン。

p99/05

しかし、敗戦後、ワルサーは東側から逃れ、工場を持たない為に
仏マニューリン社での製造に頼るなど、苦難の道を歩んだ。
戦後は、虐待も行ったナチスに関与した反省か、またドイツ再軍備
に対する理解が得られなかった為か、いっとき競技用の銃に精力を
傾けている印象もあり、名銃P38の改良省力版P1や、短くすることを
主に改良されたP5など、P38の基本構造を応用したものを展開した。
もちろん、P38の完成度が高く、技術的に進んでいたが故に、
その後の開発がおろそかになってしまった、という側面もあると思う。

[戦後の拳銃開発]
P5は手動安全装置を廃するなど、新しい要素を取り入れてはいたが、
警察拳銃としての採用を睨んでのものであり、その後米国のXM9
トライアルでは新たに設計し直す必要が生じた。

P99とP5(右)。
P5はマルコシの固定ガスガン。
p99/12

[XM9トライアル]
ワルサーはここで、P38のプロップアップ式閉鎖機構を棄て、
一般的なチルトバレルを採用したP88を開発する。
トリガーバー(引き金の力をハンマー,シアに伝達する部品)は、
P38,P5と同じくフレーム右側に露出している(ベレッタM92も同じだ)
が、排莢方向もP38,P5と異なり、通常の右側に改められている。
リングハンマーはPP,PPKでも採用されていたが、押しボタン式の
弾倉止めとするなど、それまでのワルサーらしさは、大きく失われた。

P88は、複列弾倉も備えており、当時の基準を満たすものだったが、
結果的にP38のプロップアップを用いるベレッタM92Fが採用され、
ワルサーの思惑が外れると共に、迷走を印象付ける結果となったのでは
ないか。
しかし、明確なトライアルの仕様に沿うモデルを開発した結果であり、
コルトなども含めて、それまでの個性を全く失った、似たようなモデルが
作られるのは致し方ない部分もあった。

このXM9トライアル期の拳銃は、DA機構か、それに変わるものを持ち、
アルミフレームを備え、複列弾倉を装備している。
P88は、正にそのスタンダードであったが、評価を得られなかったのは、
性能が低い訳ではなく、価格が高かったようである。

ワルサー戦後モデル3種。
左からP88,P5,P38。
P88はマルシンのガス固定ガン。
このP38は、マルシンのモデルガンで、コマーシャルモデルの
グリップが付いている。

P99/04

P88はそれゆえか、販売的にも全く成功しなかったようである。
XM9期のオートでは、上記の特長の他に、当時高騰していた
人件費を抑えるため、コストダウンの方策を考えているものがある。

SIG P226は、当初プレス成形+ブロックという方法で、切削加工を少なく、
また先進国でなくてもライセンス生産できる製法をとった。

ベレッタは削り出しスライドだが、ブラジルでも生産していたし、
米国本格進出のため、米国での生産も考えていた。

H&Kの提示モデルP7は異色の存在で、鋼製フレーム、削り出しスライド
だと思うが、これは既に警察用として開発され、
ワルサーP5と競合するモデルだった。

H&Kは後年徹底的に米国市場を意識したUSPを開発することになるが、
ワルサーは、P88を開発したにも関わらず、また完全新規モデルの
必要に迫られる。

[ポリマーオート]
そして、時代はグロックG17の台頭で、急速にポリマー樹脂をフレームに
採用した新型拳銃へと需要がシフトしてゆく。

G17(左)とP99。
G17はタナカのモデルガン。

p99/10

S&Wは、グロックをコピーしたようなシグマを開発、SIGもSP2340シリーズを、
H&KもUSPを作る。

左から、USP,P2340,P99。
USPはタニオコバの、P2340はKSCのガスBLKガン。

p99/08

このような動きのなか、ワルサーも再び全面新設計のポリマーオート、
P99を開発した。
ワルサーは当時、経営に苦しみM&Aの対象になっていた。
新体制となったワルサーの、起死回生の一作がこのP99だったのでは
ないだろうか。

[P99の機構]
P99には、上述のアクセサリーレイル,トリガーアクション,
弾倉キャッチの他に、スライド上のデコッキングボタン,
ストライカー式撃発装置のセットを知らせるコッキングインジケーター、
交換式でサイズを変えられるバックストラップなどの数々の装備が
盛り込まれ、外観もディンプルを利かせた表面、大胆なカットなど
非常に斬新なものとなった。
このため、従来のワルサー製品とは断絶したイメージになっているが、
左右調整式のリアサイト機構などはP5時代から受け継がれている
ようである。
また、発火機構は、USP,P2340などがハンマー式なのに対して、
P99はグロック,S&Wシグマと同様のストライカー式を採用している。
これは、ライン・オブ・ボア(銃腔の中心線)に近い、より高い位置、
いわゆるハイグリップとし、反動による跳ね上がりを少なくするために、
敢えてハンマー式を廃したという。

マルゼンのガスBLKガン(こちらはハンマー式)でも、
ASのトリガーが再現され、初弾を薬室に送り込んだ後は、トリガーが
前進しているが、撃発装置はセットされており、軽い動きでトリガーを
引くことが出来る。
デコッキング操作を行うと、通常のDA=ダブルアクションとなり、
トリガーが撃発装置をセットしながら後退するので、トリガーは重くなる。
更にSA=シングルアクションで、短いストローク,軽いプル(引き)で
撃つことも可能である。

P99(上)のスライド後部に見える、中央に赤い色が塗られ、
突き出したシルバーの部品がコッキング・インジケーター。
リアサイトの前にのぞくのがデコッキングボタン。
P38(下)では、同じスライド後部にカートリッジ・インジケーター
が覗く。これは、薬室=チャンバーにカートリッジが入ると突き出す。
マルゼンではガスガンのため、スライドが前進すると突き出す。

p99/13

交換式のバックストラップ。
本体に付いているものが標準サイズで、真ん中が薄型、右が厚いもの。
グリップに付いているディンプル(球状の突起)の様子も良く判る。
P99のグリップ部には大きなカット形状があり、これも独特だ。

p99/07

[老舗健在,再生のシンボル]
ワルサーが再び一線の装備として使用できる軍用拳銃を開発したことは、
ワルサーファンのみならず、新しいポリマーオートを求めていた層にも
広くアピールしたと思う。

新しい経営陣は、P99をワルサーブランドの再生、新生ワルサーの象徴
としてのニューモデル、と位置づけていたのではないかと思う。

映画「007」シリーズで、主人公J・ボンドが使用する拳銃を、PPKからP99へ
スイッチするシーンが描かれ、P99は映画でもワルサーの顔が変わったことを、
アピールしていた。

P99は時期的に軍用などの大量一括納入先は得られなかったが、
ドイツ警察で一部使用されるなどの実績を積み上げつつある。
また、米国での販売もグロックなみ、とはいかないものの、
米国のS&W社と提携し、SW99のパーツを供給するなど、
ワルサー復活を印象付けることになる。

S&Wのポリマーオート、シグマ(左)とP99。
p99/09

[1/6]
さて、それでは今回の1/6モデルを。
いつものようにメーカー不明なのだが、レイルにレーザーサイト
が取り付けられる。スライドも後退し、バネで戻り、
マガジンも抜ける、と1/6では最高に類する可動部を持ち、
また全体の雰囲気も良く、細かい形状まで良く再現されていると思う。

p99/14


[射撃というスポーツ]
上述のように、ワルサーは競技用ライフル,ピストルにも力を入れており、
スポーツ銃のメーカーとしても有名である。

このトイガンを作っているマルゼンも競技に力を入れていて、
日本エアースポーツガン協会の賛助会員で、日本エアースポーツガン
振興協同組合にも加盟、そしてワルサーとも提携しており、同社の製品が、
ワルサーグループのヘンメリの名で欧州では販売されていると聞く。

射撃競技はまた、障害者も健常者と同じように楽しめる競技として、
ノーマライゼーション射撃大会というものが存在し、
埼玉県では昨年9回目の開催を迎えたという
(埼玉県身体障害者ライフル射撃連盟;Linkを限定されているようなので
非Linkでご紹介させていただく)。

このような、障害を持つ者と障害の無い者が、共に同じ競技を楽しむ場、
というものは貴重で、そしてこれは銃(ビームライフル)という道具が
可能にしているのではないだろうか。
私はこの動きを歓迎したいし、影ながら応援したいと思う。

また、新学期を控えたこの時期、障害者が学習する場について、
自らの経験から、少し思うところもあるので、脱線承知で下の
話を読んで考えていただければ、と思う。




[傘~Kさんのこと]
怪我をして3度ほど手術をしたが、その間の話である。

用事で実家に帰ることになり、
車の運転も出来ない状態だったので、
久しぶりにバスに乗った。
怪我による障害や、治療のことなどで、不安になったりするものと
良く聞くが、元来楽天的なせいか、私は殊更感傷的になることは無かった。
怪我は直れば直ったで有り難いが、駄目でも、
それはそれで受け入れるつもりでいた。

ちょうど日没の頃で、雨がぱらぱらと落ちはじめたこともあり、
あたりはいつもより少し早く、暗くなり始めていた。
バスの窓からは、小,中学校の同級生たちの家がいくつか見える。
私は子供時代、このバス通りの辺りを自転車で走り回り、
その友人宅を訪ねて回っていた。
町並みは当時と余り変わらないが、しかし自分と同じように
今はここを離れていった者が少なくない。

そういう事情もあって、そのころ既に、実家以外に足を運ぶことは
無くなっていた。
また普段自家用車を使う場合、この道は混むので通らないこともあり、
バスから見る町並みは、本当に久しぶりの光景だった。

通り沿いの丘の上に立つ吹き付けタイルの高層建築は、
よく屋上まで昇って遊んだ、友人の住んでいたマンションだ。
向かいの筋に見えてくる、間口の広いガレージがある白い建物は、
学習塾を経営していた友人の家だ。
窓から見えるパノラマは、私に昔の思い出を蘇らせ、
やはり怪我で少し構えていた私の心を和ませてくれる。

冬の日暮れは早く、いつの間にかすっかり日は落ちている。

次の一軒の前にさしかかったとき、ドアが開き、中から、
背中の丸まった小さな影がのぞいた。
そしてその後から、少し大きい影が続く。

小中学校の同級で、腕に障害のあったKさんだ。
その障害ゆえなのだろう、なで肩のシルエットは特徴的で、
今でもはっきりわかった。

前を行くのは、Kさんの母親ではないだろうか。
彼女は前方の老人に追いつくと、慣れた手つきで
不自由な腕を使い傘を差しかけ、
そっと寄り添いながら歩いていく。
昔、よく母親にすがっていったはずの彼女が、
今は年老いたその母親をさりげなく支えながら生きている。

小,中学校のころ、彼女は本当によくいじめられた。
彼女はたびたび泣かされ、それでも毎日、不自然なくらいに
笑顔で学校に現れた。

今思えば、あの無理な笑顔は、母親との約束、だったのかも知れない。
二人の深い絆に結ばれた姿を目にして、このときようやく
私はそれに思い当った。

そして同時に、自分がどうして障害や怪我に対して、
悲観的にならずに済んだか、に気づいた。

それは、通り一遍に教科書で学ぶ、綺麗事では済まされない
現実の様々な困難の発生を通じ、一緒に学んだ長い時間をかけて、
障害はけっして特別扱いすべきものではないことを
Kさんが教えてくれていたから、ではないだろうか。

傘に覆われた小さな2つの影は、
まるでバス通りの喧騒と明かりを避けるかのように、
ひっそりと、静かに路地に消えていった。

[障害について]
もちろん障害の程度は千差万別で、一概に全ての子供を同じ教室に入れて
授業することは不可能な場合もあると思う。
しかし、それでももし本人が希望するなら、是非とも普通学級で
授業を受けられるよう、関係者の方にはひとつ前向きに検討いただき、
また特段の配慮をお願いしたい。

私自身も以前障害に対し畏怖の念があり、しかもそれを潜在意識化していた
と思う。
障害者を避け、いじめたがるのは、弱い者が自己のプライドを保つために
更に弱い者を見つけて攻撃する、という側面の他に、
実は科学的根拠の無い、自覚なき日本教の影響、昔から病気や障害を
忌諱することでそれらから逃れようとする風習が、
個人の感情にまで昇華されていることに起因するのではないかと思うのだ。

人間のものの見方には、必ずそれぞれのバイアス値、とでもいうべき
ものがあって、これを無くすことは、感情を持たなくなることで、
不可能な話かも知れない。
しかし、これから育つ若い世代が、決して人事ではない障害について、
このような因習にとらわれ、過度に反応して悲劇的な結果に
陥らないためにも、
社会とは、条件の異なる様々な人が共に生きる場であることを知る為にも、
一緒に学ぶことは貴重な経験となるのではないだろうか。

長い短いの差こそあれ、人は必ず、その機能が失われていくときが来る。
失礼を承知で言わせてもらえば、障害と闘う人たちは、
これから困難が待ち受ける人にとっての先輩である。
そして私たちは、たとえそれが一瞬で終わることはあっても、
誰も逃れることはできない。

Kさん、そして彼女を支えてくれていた、Kさんのお母さん、
有難う、そしてこんなに当たり前の、大切なことに気づくのが
遅くなってごめんなさい。



P99/06

このところ、OTHER SIDEの方ばかり先に更新して、こちらの方が
滞りがちになっており、記事を楽しみに待っていただいる方には、
申し訳ない。
是非またひとつ、気長に構えて更新を待っていただけたら、と思う。

では、今回はここらで失礼。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2010 Gun1+1/6, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。