ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
今回はH&KのP7シューマッハカスタム。
P7SM/01

[シューマッハ]
P7(過去の記事)は既に取り上げたが、これはMGCがP7バリエーションとして発売、何故か1/6でもこれが作られている。
シューマッハカスタムは「ドイツの新進気鋭のカスタムガンスミス、アンドレアス・シューマッハがHK社より純正ロングバレルを特別に入手して製作。似たデザインで、サイズ別にコンペンセイターが2種、バレルウエイトが1種ある」(MGC カタログより)だそうだ。
MGCカタログにある実物写真ではサイトがノーマルなのだが、MGC製のガスガンでは更にミレットのアジャスタブル(調整可能)サイトも装備しており、標的射撃向けを狙ったのではないかと思われるモデルになっている。
有名なF1ドライバーとの関連は不明。
よくある名前だとも思えないのだが。
MGCではアウターバレルも金属製とし、豪華なカスタムになっている。
P7SM/02

[1/1モデル]
今回も登場するのはMGCガスブローバック式エアガンである。
但しこれは自分の物ではなく、友人U氏所有のコレクションを取材させてもらった。
U氏はケースも付属物も一式、かなり良い状態で保存されていた。
このMGC純正ケースはプラスチック製で、その色,入手時期からしてもこれはハイパーブローバック仕様だったと思われる。
P7SM/04

豪華といえば、ケース内には、当時の付属スプレー、弾、マニュアルそれにH&Kのロゴ入り栓抜き!(先端はドライバを兼ねているようだ)が入っている。
この栓抜きにそっくりなものが、MGCカタログでは実物の横にも置かれている。
MGCもこれを参考に作ったのだろうか。
しかし、大成功のグロックの後だとはいえ、MGCの豪華付属品攻勢は、その後は見られないくらいのもの。
P7SM/03

P7でシューマッハカスタム(左)とオリジナルP7M13。
どちらもMGCガスブローバックガン。
P7SM/05

[カスタム部分]
ミレットのリアサイト。
調整はフィリップスリセス(プラスの溝)に見えるが、マイナス用の浅いリセスが交差している形のようだ。
P7SM/07

ミレットサイトのサイトピクチャー。
水平,垂直も合わせやすいようにするためか、縦横にラインが走る。
フロントサイトは丸ドット。
P7SM/08

コンペンセイター。略するとコンプ。
反動による跳ね上がりを低減する重しとして、バレル(銃身)前方につけられているバレルウエイトに、更に発射ガスの一部を上に噴出させて跳ね上がりを抑えるコンペンセイター機能を持たせている。
左右4つずつの長穴が斜めに切られている。
古くは米国のトンプソンM1928サブマシンガンなどがコンプ付きで有名。
当時コンバットシューティングという競技が米国で流行していたが、そこでもコンプ付きカスタムが多く使われた。
またマズル(銃口)の外側が大きく面取りされているが、これはあまり見かけない形式だ。
弾道への影響という点では、内径側とクラウン(断面)が重要で、このため少し内径側に傾きを持たせた断面とする11ディグリー(11度の緩い逆テーパー)などのクラウンがある。
もしかすると分解の為にこのバレルウエイト+コンプを着脱する必要があるので(左横の2本のソケットスクリューはこの分解,固定用)、ウエイトにマズルを差込みやすいように実銃では考えられていたのではないか。
しかし、この仮説では、ガスガンと違い、バレルがコンプを貫通していることになる。するとバレルにもポートを開け、コンプのポートと位置を合わせていていたのだろうか。
P7SM/09

[1/6]
1/1と1/6。
今回のミニチュアは、以前のコルトパイソンと同じくコトブキヤ ワンコインフィギュアシリーズ 
メインウェポン&サイドアームズのNo.5 タイプP551(SIG)&タイプP7というものから。
P7SM/11

1/6だが、スライドは可動のうえスプリングが入っていて自動的に戻る(おかげで撮影時はホールドオープンさせるのに苦労した)。
また、マガジン(弾倉)も着脱可能で、もともと外装式ハンマーを持たないP7としては文句ない可動機能となっている。
外見も、前述のミレットサイト、バレルウエイト固定スクリュー、加えてスライド上の元のフロントサイトを埋めた(1/1ではスライドと面を合わせたものをアリ溝=ドブテイルに挿入)跡まで再現しており、実に細かい。
ただ、実銃を見たことがないくらいマイナーなカスタムで、しかも同じ仕様。
これはMGC製を参考にモデルアップしたのではないかとも思うのだが。
そういえば、MGCのエジェクションポート(排莢口)は実物と違ってスライド後退時に内部メカが見えるのだが、1/6もポート内側に中身がある。
もっともこれはスプリング内臓メカのためで、MGCの発射メカとは違うのだけれど。
今回の企画に協力してくれた、U氏に感謝します。
毎回そうなのだが、この時点でまだ次回分は完成できておらず未定(書きかけがいくつかたまっている)。
ネタとしてはミリガバ(何回も言っているが),P08などのクラシックなものも作成中。
P7SM/10

web拍手 by FC2



このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/08/15 20:52】 | #[ 編集]

今日は。nakataと申します。ブログ拝見しました。
(当方、ミリタリー動画サイトを随時更新しております。お時間ありましたら一度覗いてみてください。)
以上、失礼致しました。
【2007/08/16 12:41】 URL | nakata #EB29KFfw[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



・ コルトの燃費、回転数と巡航速度・行ってきました。行ってきます。・タイヤ ホイール・自分の過失で事故りそうになりました。 やばかったです。危なかった ...・金融 新着人気ブログ[プロ野球]本日の試合(後日追記)・マツダ 新型デミオ Part1・パジェロ 中古車・GTA LC コルトを攻める【2007/09/05 08:13】

| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Gun1+1/6, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。