ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
今回は、マルゼンのエアーコッキングガン、CA870を。
CA870/01


[概要]
CA870はマルゼンオリジナルのモデル。
外観は、レミントンのM870をベースに(ほぼそのままに再現)している。
但し、同社はM870も別にモデルアップしているように、CA870には違う機構を盛り込んでいる。
マルゼンでは、ステアーSSGを模した外観で、実射機能を優先して作ったエアーコッキングライフル、APS2があり、これは一時期手動式の代表的なモデルと呼ばれるほどの人気機種となっている。

CA870は、レシーバー(機関部)の下にボックスマガジン(箱型弾倉)を持ち、フォアアーム(先台)をスライドさせてピストンを引き、スプリングを圧縮させるエアーコッキング式。
同社のM870がカートリッジにBB弾を詰めて使うライブカート式なのに対し、BB弾だけが供給されるマガジン(下で詳述)を持つ。
そして一度に多数の弾を発射するショットガンとは違い、ライフルと同じく単発発射のモデルとなっており、このためか名称もCAという独自の型式が与えられている。
このCAというのは、もしかするとコッキング・エアーからきているのでは。

レシーバー左側の刻印。CA870とシリアルナンバー(製造番号)?メーカーや使用(BB)弾まで刻印で記載されている。
CA870/06


[構成]
CA870は、内部にダイカスト製のフレームがあり、高い剛性を持っている。
CA870/15


エジェクションポート(排莢口)は別部品となっているが、ガスシリンダーが入る関係上開かない。
CA870/12


機構的にはシンプルなのだが、ポンプアクション(スライド)は、コッキングして元の位置まで戻るとロックされ、動かないようにしてある。
おそらくフォアアームをロックしないと、ピストン(+前進用のスプリング)が後退位置で止まっている為、何らかの要因で後退してしまうからではないだろうか。
そうすると、推進力がフォアアームにもかかって速度が下がるうえ、フォアアームの前進という、射手の予期しない動きが事故などをひき起こす恐れもある故の配慮だと思う。
また、引き金を引いたままポンプアクションを繰り返しても、発射されず、毎回トリガーを引き直す、一種のディスコネクタ(自動装填式のトリガ-シア間の断続器?)機能を有した仕様になっている。

この内部構造は、ほとんどAPSのものだという。
トリガーシステムもAPSと同様のもので、軽い操作を可能にしている。
セフティは、トリガー後方にボタン式のものがつく。
写真の赤い印が覗くものがそれ。
トリガーガード前方のローディング用レバーは、構造が違うのでダミーとなっているが、別部品だ。
CA870/07


[バリエーション]
マルゼンでは、ガスのカート式でポンプアクション(手動式)のガスショットガンとしてM870、自動装填式のM1100があり、これらとCA870ではストックなどが共通である。
そして、M870とは外側ボディまで共通のものが使えるとか。
CA870としては、標準的なフルサイズのストック付き、これを短く切ったという想定のソウドオフ(鋸で切った仕様)、ピストルグリップとフォールディング(折り畳み)ストック付きのフォールド、ピストルグリップに光学照準機器を載せるレールと、ダットサイトを装備したCQB(近接戦闘仕様)、M16系のテレスコピックタイプ(伸縮式)のストックとピストルグリップを装備したチャージャーなど幅広いバリエーションがある。
外装は、同社得意のグラスファイバーを混入して補強した樹脂で、少し薄めの灰色がかった、ガラス繊維の流れが見えるもの。
これが、バレル,レシーバー外側,ピストルグリップに使われている。
これに対し、フォアアームとグリップ(オリジナル状態)は茶色の樹脂になっている。

今回入手したのは、ソウドオフモデル。これに同社の別バリエーションのピストルグリップをつけている。
ピストルグリップの上部の穴は、フォールディングストック取り付け用のもの。
後方のボルト一本で交換可能なので、色々付け替えて楽しめる。
CA870/02

これがノーマル状態。マガジンも違うが、それについては下で。
CA870/03


[マガジン]
本来ならカートリッジが入るチューブマガジン(バレルの下、フォアアーム中心部)の中は空洞で、使用されていない。
レシーバー内に納まるサイズで、カートリッジのエレベーターを模したマガジンが、G&Pから発売されており、これを付けてみた。
このG&P製ショートマガジン(No GP453)は、前後の突起で止め、外すときは底側のリリースボタンをスライドさせ、後ろの突起を引っ込めて抜く。
装填数は22発。
CA870/04


純正のマガジン。ちょっとアサルトライフルっぽい。
純正マガジンでは、下に張り出した形で付くことを逆に利用して、両横にキャッチリリースボタンを付けている。
このマガジン、形は箱型だが、弾は上から下へときたのち、90度回って横に進み、更に曲がって上に向くようにバネが入る(弾はどこまで来るのか知らないが)。
CA870/05


G&P製ショート(左)と純正(右)のマガジン。
マガジン上部にはスプリングのストッパが見える。
これをマイナスドライバーで回転させると、スプリングとフォロアー(弾送りの部品)が抜ける。
G&P製は横向きまでだが、写真のように外観はM870と同じようになる。
CA870/13


[サイト]
このモデルには、サイトが無い。もともとショットガンでは、リアサイトも無いものがあったが、バレルを切断した、という想定からか、サイトは付いておらず、マウントレール装備モデルや、ストック上にレールが付いたものを使う必要がある。
マズル(銃口)のアップ。
CA870/08


今回紹介したものは、中古入手だが、サイトはまだ付けていない。
ゲームで使う予定も無いし、やはりショットガンのスタイルなので、無くてもいいか、とも思う。

レシーバーのトップ部分にはいわゆるサイトは無いが、グルーブ(溝)が彫られ、これとバレルを目安に撃つことになる。
CA870/16


[ゲーム用の実用品]
CA870は、ゲーム用として高く評価されていて、短く取り回しやすいサイズと命中率、そして操作が軽く素早く行えることが利点だという。
フルサイズのAPSでは走り回ったりすると(特に室内では)取り回しに困る。そしてボルトは回転させてからスライドする必要があり、更にボルトアクションライフルの形式では、通常トリガーを引く、右手を使ってこれを行うようになっている。
その点、ポンプアクションはウイークハンド(利き手でない側、しかも左右の利き手に関係なし)で操作し、しかもスライドさせるだけだ。

[1/6]
今回の1/6は、もちろんレミントンのM870を模したもので、少々バレルが長いが、ソウドオフされたバレルとピストルグリップを持つもの。
単品購入だが、これにはショットシェル(弾)とそれを入れるポーチがついてきた。
CA870/10


[1=最適当価格説]
マルゼンの考えた、APSの機能とM870の外観,操作との融合は、高いパフォーマンスを実現、APS同様、ロングセラーの定番として、揺ぎ無い地位を築いている。
特にコストパフォーマンスは群を抜いており、少し前にちょっと登場させたBWCのS&W M&Pと同等の価格である。

コストといえば、我々は普段買っている商品について、どれくらいがコストでどれくらいが儲けなのか、という事を良く考えると思う。
しかし、実はコストは日々刻々と変化しており、またどこまでをその商品のコストとみなすかも難しい。
更にこれから作る商品(製品,サービス)だと、なかなか確実な予測は出来ないと思う。
このコストの“不確実性”(ガルブレイスだ)は、金額の差を生む、最も大きな要素ではないだろうか。
そして、これから作る商品について、予測が困難な場合の提示価格、いちばんの“いいかげん価格”は、“一本”=1万円,10万円,100万円(!)ではないかと思う。
このことは他業種の友人とも確認し合ってみたのだが、適当な値付けの場合、”一本”という見積もりが、最も多いように感じられる。
もちろん、これに若干色をつけて9800円などにする場合もあるが。
値付けする側の言い分では、キリのいい価格は、消費者の心理から“買いやすい”からだというが、これは言い訳っぽい。
需要と供給の曲線が一桁ごとに階段状になっている、という経済学者の研究があるのだろうか。
消費者心理説は全くのデタラメではないが、ポッキリ価格の効果は2万円にも3万円にも言えることではないかと思う。つまり1だけ特別では無いように思うのだ。
そして、この場合の不確実性を見込んだ増額分は、たとえば3万円の場合、2万以上3万未満の1万円以内という精度で見積もっていると思う。
もっといえば、何かの根拠がなければ、3に設定する可能性は低いと思う。
ところが、1×(10の何乗か)の場合の不確実性を見込んだ増額分は、提示価格の約5~9割を占める確率が、無視できないレベルで存在するのではないかと思うのである。
1でなければ、次には5を設定するか、もっと大雑把に10にいってしまっている臭いが感じられるのだ。
また、既にその商品について相場がある場合や、しっかり原価計算が出来て算出している場合もあるが、その精度が高い程、普通細かい端数がつくはずだ。
1万円にキリ良く納まる確率は、一円単位で計算しているなら1/10000である。
そして、販売戦略として利益を削ってキリ良く納めた、という場合でも、やはり上の桁を揃えるより下の桁を何桁切り捨てられるか、であろう。
もちろん100円ショップのように生産側が、最初からキリのいい数字で売れるよう、原価計算して調整する場合もあるが。
もっとも、いいかげんにしか見積もれない要求を出しているから、ぼったくられるのだが。

と、思い切り脱線させてもらったところで、今回はここらへんで失礼。
コッキングの製品も、今後はもっと取り上げていきたいとも思っているので、また宜しく。
それでは。
CA870/21

web拍手 by FC2

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Gun1+1/6, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。