ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
今回は、イサカ社を代表するショットガン、M37フェザーライトを。
M37/03
[概要]
イサカは、1880年ニューヨークのイサカという町で生まれた(地名が社名になっている)メーカー。
M37は、1937年に発表された、イサカ初のレピーター(連発式)。
ポンプアクションで、イサカの狙い通り米軍にも採用され、ベトナム戦争でも兵士の信頼を集めたモデルだという。
また、映画「ターミネーター」でも、主人公がこれをソウドオフ(切り詰めて短く)して使っていた。
実銃とイサカの詳しい経緯は、今回取り上げているKTW製品の取扱説明書に詳しい。

イサカ M37。これはKTWのエアーコッキングガン。
M37/01

ポンプアクションとは、フォアアーム(先台)を手で握り、前後させて装填,排莢,コッキング(撃発装置を起こす,セットする)を行うシステムの事で、手動式ゆえに動作の確実性が高く、堅牢に出来ることもあってショットガンでは多くのメーカーが採用している形式である。

フォアアームを後退させた状態。
M37/13

M37とモスバーグM500(過去の記事)で、フォアアームの比較。どちらもポンプアクション・ショットガンである。
M37/12

[M37の特長]
M37はフェザーライトという別名を持っている。
これはM37が当時最も軽いポンプアクション・ショットガンだったので、これをアピールした(羽のように軽い!)らしい。
当時、フェザーが結構流行し(今も?)、良く使われたらしく、モーターバイクでもフェザーベッドという愛称(乗り心地の良い)?のフレームがあった。

また構造上、最大の特長は、レシーバー(機関部)の下にだけ穴が開けられており、ここからカートリッジ式弾薬の装填,排出を行うことである。
多くのポンプアクション・ショットガンは、この下の穴=ローディングートから装填するが、排出は(射手から見て)右側面にもう一つ開けられた穴=エジェクションポートから行う。
M37はこれを廃した為に、レシーバーの強度を確保しやすく、その余裕を軽量化に向けた為に軽いという。

M37の左側面。左右対称で、エジェクションポートは側面に無い。
M37/05

エジェクションポートを側面に持たないので、レシーバーは下が開いたコの字状の断面になり、L字型断面に一部下の部分が付く(ポート部分で切った場合)断面のものより、薄くても強度が確保でき、軽量化できた。
M37はこれだけでなく、レシーバーの全長を縮め、これで大幅な軽量化を図ったのではないか、と思う。
下で画像を示した(全てトイガンだが)ように、M37のレシーバーは特に短く作られている。
但しこれも、エジェクションポートを側面に持たないから実現できたのではないか。
レシーバーが短いことは、ソウドオフなどの小型化にも、M37が最適とされる要因になったと思う。

レシーバーの比較。
手前から、CA870,M37,M500。
CA870はマルゼンのエアコッキングガンで、レミントンM870を模したもの。
写真は広角気味なのもあるが、明らかにM37のレシーバーは短い。
M37/11

この装填,排出穴を一つにする、というアイデア自体は、銃器界を代表する天才デザイナー、J・ブローニングのアイデアで、これをJ・ピダーセン(ペダーセン)が改良して、レミントン社の製品に採用したらしい。
このパテントがあった為、イサカは1930年代初めには設計が済んでいたらしいが、特許が切れる1937年まで待ってM37を発表したとか。

更にこのシステムは、強度だけでなく、他にもメリットがあるという。
それは側面のエジェクションポートからの塵芥,雨などの侵入を防止できることである。
当時はまだ、ショットガンのカートリッジは紙ケースだった。これは現在、プラスチックになっている。
ペーパーケースは水分に弱く、火薬が湿って不発になる恐れがあったらしい。
M37なら、装填して銃を構えた状態では、一番水のかかりにくい下側にしか開口が無いので、カートリッジがぬれ難いというのだ。
また、アンビデクストラウス(左右両用、略してアンビ)という意味でも、下排莢形式は優れている。
通常の構成だと、左効きの場合、目の前を排出されたケースが飛ぶ。
右利きでも、車の窓からの発射や、怪我をした場合など、万一の場合、左手でトリガーを引くケースは考えられる。
上でも少し登場し、以前ここで紹介したモスバーグM500は、セフティがアンビだったが、下排莢では無い。

[トイガン]
今回のトイガンは、KTWが販売しているものだが、このトイガン、数奇な運命?を経て今に至っている。
Gun誌のライターだった和智香氏が立ち上げたKTWが制作したスパスは、韓国の大企業ドンサン社に無断でコピーされていた。
しかし、和智氏は、これを許すだけでなく、ドンサンに「有難う」と声をかけたという。
それから、提携関係が成立し、「NEWフェザーライト」として大幅にコストダウンされたドンサンM37が、KTWから発売されることになったという。
日本で一番小さいメーカーが、真似されるぐらいになったことが嬉しかった、と(たぶん和智氏自身が)KTWのホームページに書かれている。
この話を見たとき、是非これを入手したい、KTWを(本当に少しだが)応援したいと思った。
しばらく輸入されていなかったが、最近久しぶりに入荷があり、しかも今回から可変HOP付きに改良されているという。
このような経緯とは関係なく?その実射性能からM37の再販を待ちわびていた方も多く、今回の輸入分も既に無くなりかけているようである。

この製品の取扱説明書の裏には、ITACA M37 FEATHER LIGHTの話として、イサカ社とM37について詳しく書かれている。
この名調子を寄せて、製品に華を添えているのも、Gun誌の壇植遜氏である。
バレルのワンタッチ分解方法はウィンチェスターM12から、など、以前モスバーグM500で書いた、長年疑問だったところも解説されていた。

それでは各部を。

サイトはショットガン定番の黄銅製ボールポイント型。
バレル(銃身)が少し肉厚に見えるが、これも強度を確保したためだと思う。
M37/07

マガジンは、実物のチューブマガジン部分に収まる。
下がマガジンを抜いているところの図。
37/06

発射弾数が切り換え可能で、このレバーを手前側にすると2発同時発射、マズル(銃口)側にすると単発になる。
更に、トリガーガード前方のレバーを押すと一度コッキングしてロックされたフォアアームが動かせ、チャンバー(薬室)装填弾数は2倍になるという。
HOP調整はヘックスリセス(六角穴)のセットビスを回して調整するタイプ。
M37/08

ストック,フォアアームは木製を模したプラスチックなのだが、バットプレート,グリップエンド?が別部品で付き、雰囲気を盛り上げる。
M37/09

レシーバーのスクリューはモールド(成形一体)だが、スクリューの4か所を削り、そこにもう一本のスクリューを合わせてロック(緩み止め)としているらしきものが再現されている。
最後になったが、セフティはクロスボルト(押しボタン)式。
M37/10

[1/6]
今回の1/6は、21CenturyToysのもの。これもいつものように単品購入で、出処不明、としかけたが、ストックのバットプレート近くに、刻印(キャストだが)が入っていた。
ちなみに、上で紹介したKTWの取説のトップに載っている写真が近いサイズで、つい並べて比べてしまった。

KTWの1/1と21センチュリートイズの1/6。
M37/02

イサカは、このM37のあと、更にM37開発当時は高価で未来の素材(ドイツはサブマシンガンに使ったが)だったアルミを導入し、ウルトラライトというシリーズも展開していたらしい。
しかし、M37以降、新たなヒット商品を生み出せず、1980年代に、静かにその幕を閉じたという。
創業100周年を超えてすぐ、である。
今は実銃メーカーが無くなったイサカM37。是非、このトイガンだけでもベストセラーとして、長く生き続ける製品となって欲しいと思う。
(*その後、情報を見つけました。
イサカは買収などがありましたが、現在もM37を作っている、との事です。嬉しいニュースでした。
上記、訂正します。)



それでは今回はここらへんで失礼。
M37/04

web拍手 by FC2



初めまして、MGCが元気でVP70とか造ってた頃までのガンマニアです。
いやーショットガンのシンプルな形っていいですね。
エアーガンでこんな種類があるなんて、ちょっと欲しくなってきました。ジャコーンとやってリアル感があるのは、エアーコッキングならでは。旧い世代のせいか、エアーガンはコッキング物が好きですし。
でもあの世界拳銃撃ち歩きの和知氏がトイガンメーカーを興していたのも驚きでした。でも高いですねえ、同社の銃。
今後も薀蓄と脱線期待してます。

【2008/09/28 22:24】 URL | 山縣 #mQop/nM.[ 編集]

山縣様こんにちは。
コメント有難うございます。
世界拳銃撃ちある記、懐かしいです。
Gun誌レポーターといえば、ジャック田久保氏もJアーモリーというメーカーを始められましたね。
当方も電動ガンよりエアーコッキングの方に食指が動くほうです。
こんなところですが、宜しかったらまた遊びに来て下さい。
【2008/09/29 01:17】 URL | 赤い猫RRⅢ #-[ 編集]

お久しぶりです
同じ1/6の商品購入したので報告
21CenturyToys刻印には「2006」とありました
このメーカーの06年の商品に付属してた物かもしれません
かなり昔のM1ガーランドに比べて遥かに品質が向上してます
エッジがシャープになりより固めの樹脂素材になっています
M1には銃剣も付属してますが私はM1に手を施し
DID社の銃剣を付けられるようにしてます
ポンプアクションショットガンがスパス12しかないので
比べたら確かにレシーバーがM37の方が短いです
しかしこの凹部分見るとマガジンを差し込みたくなりませんか?
私だけ?w
それでは♪
【2010/05/21 02:36】 URL | 01MAT #dSBetoaE[ 編集]

01MAT様こんばんは。
>21CenturyToysのM37
これは、シンプルな形ながら、フォアアームも動き、
木目を刻むことでリアルさを出していて良いですね。
トリガーガードの薄さもスケール感を損なっていないですし。

>マガジンを差し込みたく
マルゼンCA870なんかのイメージですね。
アサルトライフル型なら、SPAS15は箱型マガジンですね。
ではまた宜しく。
【2010/05/22 01:02】 URL | 赤い猫RRⅢ #-[ 編集]

返事どうもです
21CenturyToysのM37のソードオフモデルも手に入れたので報告を
フルサイズと比べるとレシーバーが少し長いです
エジェクションポートの内側に刻印があるのでそれが原因だと思います
フルサイズもこれぐらいの配慮が欲しかったかも
それでは♪
【2010/05/27 03:06】 URL | 01MAT #dSBetoaE[ 編集]

01MAT様こんばんは。
>M37のソードオフモデルも
ソードオフ、型が少し違うのですね。
1/6でも、ショットガンは意外とバリエーションが多いですよね。
最近、ZCワールドというブランドの1/6ファイアアームズコレクション
というシリーズで、ダブルバレルショットガンの長短がセットで出ていますが、
コレ、どちらもストックはソウドオフされています。
では。
【2010/05/30 00:17】 URL | 赤い猫RRⅢ #-[ 編集]















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Gun1+1/6, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。