ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2
rg2/01
今回は、代表的なラバーグリップメーカーの製品(そのトイガン用コピーも含む)を
紹介していこうと思う。
また後半では、完成品メーカーのラバーグリップ採用について触れてみたい。

[パックマイヤー]
それでは各ラバーグリップメーカーの製品を見ていきたい。
まず前回、構造のところで紹介したパックマイヤーから。
前回述べたようにラバーグリップはパックマイヤーの発明した構造によって、
普及し一般化したのではないかと思う。
その一つは、芯となる金属の表面にゴムを成形し、必要な剛性,強度を
確保したことだ。
そしてもう一つは、左右のパネルをストラップで繋いで一体化し(ラップアラウンド)、
そのつないだ部分で衝撃を吸収するクッション作用を持たせた。

さて、パックマイヤーの拳銃用グリップは、まずコルトM1911オート用のものが
発売されたのではないかと思われる。
GM45,GM45C,GM45CS,GM45Gの4つのタイプと、コンパクト用が
作られているが、ブリスターパックの代わりに紙箱に入っていた初期のものには、
ゴム付きメインスプリングハウジングも付属していたようだ。
余談だが、メインスプリングハウジングのゴムといえば、デトニクスが採用していた
ように思う。
GM45はグリップ側面のバナーが書かれた部分が盛り上がり、ストラップ下に
フィンガーレスト(指掛けの突起)があり、マガジンのベースプレートの上にかかる
タイプ。
GM45Cは後にMEUなどにも使われた、比較的平板に近いタイプ。
GM45CSはバナーの書かれた部分が広い。
GM45Gは、Gがグリッパーの系列を示すのか、ストラップ中央部に
フィンガーチャンネルが2つ付けられたタイプである。

GM45Cとコンパクト。
ガンはウエスタンアームズ=WAのガスブローバックMEU(左)とMGCのタカカスタム。
後方のバナーが無いグリップはMEUに付属していたWAのコピー。
rg2/04

ブローニング・ハイパワー用の後部も覆うモデル。
これはマルイがグリップも製作しているエアーコッキングガン。
rg2/14

リボルバー用は、前記のパテントが生まれた頃から製造されたのではないか
と思うが、これも初期はプレゼンテーションモデルの形のもののみだったのでは
ないか。
その後フィンガーチャンネルを付けたグリッパーが開発され、更に後になって
後部のストラップが無い(前で左右をつなげた)タイプになったようだ。
ストラップは後部にあると直接ウェブ(人指し湯と親指の間)にかかる衝撃を
緩和する。
グリッパーであえてこれを廃したのは、ストラップの分、後方に数ミリ張り出す
形になって、トリガーとの距離が増し、手の小さな人などでは扱いずらくなるから
ではないだろうか。
リボルバー用は、まず基本形としてプレゼンテーション,グリッパーと、後方に
ストラップの無いグリッパーがある。
それ以外にラウンドバット用のコンパックなどがあり、また機種ごとに形状を
変えている。

S&W(スミス&ウェッソン)のKフレーム用で各タイプを。
左から、SK-CP,SK-L,SK-G,SK-GP。
SK-CPはラウンドバット用のコンパックの一種で、フィンガーチャンネルの無い
モデル。
SK-Lはプレゼンテーションタイプで、フィンガーチャンネルが無いタイプ。
SK-Gはグリッパーだが、バックストラップがあるタイプ。
SK-GPはバックストラップが無く、前方で左右が接合されているグリッパータイプ。
rg2/08

スーパーブラックホーク(スタームルガー)用は、トリガーガード後端まで
覆われている。
rg2/09

パックマイヤーが、ビアンキブランド(アイデアはビアンキではないかと思う)
で出したライトニング・グリップは、S&WのM36チーフスペシャルを、
同社のM49ボディガードのようにハンマーが引っかかりにくいようにする機能
が付いている。
モデルガンメーカーCMCは、同社のモデルガン用にライトニング・グリップを
コピーしてハンマーシュラウドグリップと称して販売していた。

左から、M36にハンマーシュラウドグリップ(CMC),M49,M36PC
(パフォーマンスセンター)
rg2/18

パックマイヤーはこのほかに、木製のグリップに一部ゴムを張り付けた、
アメリカンレジェンドリシーズも作っている。

[ホーグ]
パックマイヤーはアフターパーツマーケットだけでなく、大手メーカーのコルトが
製品に採用するなど、ラバーグリップの代表機種となった。
そうすると他にも独自の技術でラバーグリップを作り、市場に参入するものが
現れる。
ホーグは’78年からパテント申請を始めているので、その頃から製造を始めた
のではないかと思う。
特徴としては、芯にやや硬質のプラスチックを使い、重量も軽いことだ。

M1911コンパクトサイズのホーグ。
MGCのスプリングフィールドV10ウルトラコンパクトモデルに付けた例。
rg2/15

S&Wのオート、CS45のホーグ。
これもBWCのコピー製品(エアーコッキングガン付属)。
rg2/16

”最強の”市販オートピストル、デザートイーグルもラバーグリップを採用
しているが、これも実物はホーグ製との話し。
画像はSⅡS製。
rg2/17

更にリボルバー(回転式)用では、パックマイヤーが一体化したグリップを
開いてフレームに取り付けられるようにしたのに対し、一体化したままの
形でフレームの下から挿入し,あらかじめフレームに取り付けておいた
ピンストラップファスナーと呼ぶ固定金具を使って固定する方式とした。
これはモノグリップという商品名になっている。
この方式だと、合わせ目が開いたり、ずれたりして手が挟まれるといった
トラブルを根本的に解決できる。
また、同社はS&Wにも採用され、M36チーフスペシャル用のバンタムグリップ
などは、金具も廃してハメコミ式というような、本体の弾性を利用してひっかける
構造になっている。

リボルバー用のホーグ。
実物とコピー製品が手元にあり、またS&W向けのOEMでは、S&Wロゴが
グリップ側面上に付く。
表面のディンプルの大小、形状などにバリエーションがある。
rg2/06

バンタムグリップ(下)とモノグリップ。
rg2/07

[アンクルマイクス,バトラークリーク]
アンクルマイクスは金属製の芯を使うが、単純な左右分割としてパテント
回避を狙ったのではないかと思う。
アンクルマイクスは現在、スコープのカバー バトラーキャップを作る
バトラークリークに買収されたのか、バトラークリーク製になっているようだ。

MGCは同社のM586シリーズでこれをコピーし、HW樹脂で木目をプリントした
ものも作っている。
rg2/11

スタームルガー用のアンクルマイクスと、マルシンが作ったコピー。
マルシンはM36用として製作、同社のガスガンに標準装備している。
rg2/12

ここで、各社のグリップ構造を。
左後方から、左右を開いて取り付けるパックマイヤーのリボルバー用、
オート用、前列は左が左右分割のアンクルマイクス、
一体型のホーグは、手前のピンストラップファスナーで固定する。
rg2/05

[完成品メーカーの採用]
アフターマーケットパーツ(ユーザーが銃を購入後、自分で交換する
純正以外の部品)として流行し、急速に普及したラバーグリップは、
木製グリップの問題に悩まされていた完成品メーカーにとっても、
大変興味ある存在となったのだと思う。
グリップメーカーのOEM(Original Equipment Manufacturing;相手先ブランド
生産)で自社開発を行わず大手メーカーがラバーグリップを採用する、
という動きが‘80年代から広がった。
さて、他メーカーによるラバーグリップ採用の経緯についてまとめてみよう。

先鞭を付けたのはコルトだったと思う。
リボルバーとオートで、どちらが先に採用されたか、ちょっと思い出せないが、
恐らくリボルバーである。
リボルバーにパックマイヤー製を初採用したのはパイソン・ハンターだったと思う。
これは1980年に発表されたようだ。
8インチのバレル付きパイソンに、リューポルドのスコープを付け、
ゼロ・ハリバートンのケースに入れた高級カスタムだった。
グリップはパックマイヤーのプレゼンテーションモデルに、コルトのメダリオンが
埋め込まれていた。

左からコルトパイソンにパックマイヤー プレゼンテーションタイプを装着したもの、
同じくパイソンにグリッパーを装着したもの、そしてキングコブラにグリッパーを
装着したもの。
パイソンはタナカのガスガン。
キングコブラはKSCのモデルガンでグリップもKSCがパックマイヤーを付けて
販売している。
rg2/13

M1911シリーズもラップラウンドタイプのラバーグリップを採用、たぶん
シリーズ80のセミ・カスタムモデルからではなかったかと思う。
ホーグの表面仕上げに近いシャークスキンという仕上げで、これらはオリジナル、
との話も聞くが、実際の設計,製造まで自分のところでやっていたかは
調べられなかった。
これではデルタエリートのペブル(小石)ラバーグリップと呼ばれるものが有名。
これは1987年登場のようだ。
他にコンバット・エリートなどもこのタイプのグリップを採用していた。

コルト・デルタエリート。これはWAのガスブローバックガン。
rg2/03

コルトのライバルだったS&Wも、コルト同様OEMでラバーグリップを導入した。
S&Wは現在ホーグのようだが、過去にパックマイヤー,アンクルマイクスも
使っていたようである。
ホーグのS&W向けグリップはロゴがS&Wになっている(上のホーグの画像参照)。

また、上記のデザートイーグルなど、他にもOEM採用するメーカーが出てきている。

これ以外に、独自開発のラバーグリップを作るところも出てきたのだが、
これはまた次回に。
それでは、今回はここらへんで失礼。
rg2/19

web拍手 by FC2

















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 Gun1+1/6, All rights reserved.
まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。